レンタル&シェアニュース
2019年12月08日(日)

レンタル&シェアニュース

ビジネス
生活
ペット
レジャー
スペース
イベント
移動
ウェブサービス
ユニーク系
プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社ザイナス

ザイナス、59万円の量子コンピューター活用サービス「Go Quantum」を提供開始 ~定番の活用方法をメニュー化して早期の導入を促進~
2019年11月22日 株式会社ザイナス
Yahoo!ブックマーク  ニフティクリップ del.icio.us Buzzurl Googleブックマーク Flog Choix iza livedoorClip  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

ITソリューションビジネスを手掛ける株式会社ザイナス(本社:大分県大分市、代表取締役社長:江藤 稔明)は、量子コンピューターの活用方法をメニュー化し、「Go Quantum(GQ)」サービスとして11月22日より提供を開始いたします。59万円からの価格設定により、量子コンピューターが活用しやすい環境を提供します。

株式会社ザイナスのプレスリリース(2019.11.22)


報道関係者各位


ザイナス、59万円の量子コンピューター活用サービス「Go Quantum」を提供開始 ~定番の活用方法をメニュー化して早期の導入を促進~


2019年11月22日


 ITソリューションビジネスを手掛ける株式会社ザイナス(本社:大分県大分市、代表取締役社長:江藤 稔明)は、量子コンピューターの活用方法をメニュー化し、「Go Quantum(GQ)」サービスとして11月22日より提供を開始いたします。59万円からの価格設定により、量子コンピューターが活用しやすい環境を提供します。ただし、各メーカーが提供している量子コンピューターの利用料金は除きます。


 量子コンピューターは、量子アニーリング方式※1と量子ゲート方式※2という主に二種類の方式があります。どちらも激しい開発競争のさなかにありますが、いちはやく商用サービスがスタートしたのは、量子アニーリングマシンです。アニーリング方式においては、量子のふるまいをデジタル回路上で再現したマシンが提供されているほか、実機に近い環境で検証が可能なシミュレーション環境も充実しています。


 一方の量子ゲート方式は、NISQ(Noisy Intermediate-Scale Quantum Computer)と呼ばれる誤り訂正に対応していないマシンが利用可能になっています。NISQにおいては、本来期待される量子ゲート方式での活用範囲が限られるとされていますが、現状でも既存コンピューターの性能を超える「量子超越性」の証明が話題になるなど、その活用方法には大生の期待が集まっています。また、NISQにおいても組合せ最適化問題で活用するためのQAOA(Quantum Approximate Optimization Algorithm)と呼ばれるアルゴリズムがあることから、量子アニーリングとは別のアプローチでの解法として注目が集まっています。


 こうした背景から、量子コンピューターは組合せ最適化問題において多くの検証実績が蓄積されています。ハードもソフトも発展途上とはいえ、検証済みの分野ではPoC(概念実証)に多大な時間と費用を割くことなく、本番運用に向けたシステム開発に取り組むことが可能になってきています。


 ザイナスが提供する量子コンピューター活用サービス「Go Quantum」は、国内トップクラスの実績を誇るMDR株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:湊 雄一郎)とのパートナーシップの下での取り組みをベースにメニュー化したものです。今後も協力関係を強化しながら、「Go Quantum」で提供可能なメニューを増やしていく予定です。


 「Go Quantum」は、量子コンピューターの活用自体が目的ではなく、企業の情報システムにおけるエンジンの一部という位置づけであり、ザイナスにおけるシステム開発の実績を活かしつつ、本番運用を見据えた量子コンピューターの活用を推進します。また、量子コンピューターを楽しく学ぶための教育機関向けメニューも用意しました。


■Go Quantumサービスについて
量子コンピューターやシミュレーション環境で検証済みの下記において、お客様の業務分析と量子コンピューター活用のレポート、システムで活用するためのコードを59万円(税別)からで提供します。なお、量子コンピューターの利用料金と、業務システムの構築費用は含まれません。


○企業向け:運送ルートなどの「最適経路の作成」、ファミレスや大型店舗などにおけるアルバイトの複雑な勤務形態に対応する「シフト勤務表作成」、売り上げデータや在庫データなどから集合の見える化を実現する「クラスタ化」、機械設備などの「稼働率最大化」、アンテナなどの範囲がある設備の「最適配置」


○教育機関向け:量子コンピューターの概要説明、平面地図を色分けする「四色定理」、9×9の正方形パズル「ナンバープレース(ナンプレ)」、クラス内の生徒の特長による「グループ分け」など


※1 量子の特性を生かし、主に組合せ最適化問題の解を求める量子コンピューター。商用サービスとして提供されていることから、ビジネスでの活用が可能になっている。
※2 汎用的な計算処理が理論上では可能なことから、これまでのコンピューターの上位互換とされる量子コンピューター。実用化に向けての開発が進められている。現状の量子ゲートマシンは、誤り訂正に対応していないことなどから「NISQ(Noisy Intermediate-Scale Quantum Computer)」と呼ばれている。


■本件に関するお問い合わせ先
ザイナス株式会社 東京本社
電話 03-6435-8430(担当:畔上(あぜがみ))
メール koho@zynas.co.jp

■会社概要
会社名 :株式会社ザイナス
代表者 :代表取締役社長 江藤 稔明
所在地
大分本社:大分市金池南1-5-1 コレジオ大分5階
東京本社:港区浜松町2-6-2 浜松町262ビル5階
福岡支社:福岡市博多区博多駅東1-14-25 新幹線ビル2号館5階
設立 :2000年5月1日
事業内容:システム開発
資本金 :7,200万円
URL :http://www.zynas.co.jp/





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ
新着ニュース30件