レンタル&シェアニュース
2018年09月20日(木)
 レンタル&シェアニュース

シェアサイクル「ofo」が和歌山市でサービス開始

ビジネス
生活
ペット
レジャー
スペース
イベント
移動
ウェブサービス
ユニーク系

シェアサイクル「ofo」が和歌山市でサービス開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界最大級のシェアサイクルプラットフォーム「ofo(オフォ)」を日本で展開する株式会社OFO JAPANは、和歌山市ならびにユタカ交通株式会社とシェアサイクル事業に関する連携協定を締結し、同市で日本では初となるサービスを開始した。
レンタルNS

3種類の料金プラン。順次サービス拡大
料金プランは、30分毎に100円の「都度利用」、1日定額500円の「1日パス」、1カ月定額2,500円の「月額パス」の3種類で、街乗り、観光、通勤・通学といったあらゆる用途に対応。
専用ポートは市街地中心部、および、日本遺産である和歌の浦エリアで提供し、順次拡大する。

ofoでは、サービス開始に際し、ユーザー利便性と駐輪規則への対応に関して、新たに日本向けのシステムを開発し、展開する。
これは、専用ポートでの借出をベースとしながら、公共・私有駐輪場所での「一時駐輪」を可能とし、返却するまで本人のみが利用できる仕組みとするもので、一時駐輪中の料金加算は発生しない。

一方で、GPSとユーザー報告をもとに、路上や私有地での違法駐輪、長時間の放置自転車は回収と再配置を行い、街の美観維持と利用可能な自転車台数の確保を行う。
ofo サービス概要
1.アプリから指定ポートと利用可能な自転車を検索。身近なポートのどこからでも自転車が借りられる。
2.車体のQRコードをアプリでスキャンすると、自動でロックが解錠される。
3. 利用が終わったら、目的地付近のポートに返却。ロックを施錠して、アプリで支払いを確認する。

また、ofo自転車の中でも最上位クラスのインターナショナルモデルを導入。メンテナンスフリーを追求しながら、快適な乗り心地を実現。
仕様:約15.5kgの軽量モデル、24インチ パンクレスタイヤ、GPS付きスマートロック、内装3段ギア、高彩度LEDフロントライト、ソーラー発電式テールライト、油圧式ワンプッシュ調整サドル、内蔵ベル。

ofoは、シェアリングエコノミーのコンセプトとスマートフォンテクノロジーをもとに、都市の「ラストワンマイル」の課題解決を目指して、2014年に創業された、世界最大級のシェアサイクルプラットフォーム。
現在、世界21カ国・250都市、1,000万台の自転車でシェアサイクルを展開しており、これまで2億人を超えるユーザーに、1日平均3,200万回、合計で60億回利用されているという。
(慶尾六郎)

Amazon.co.jp : レンタルNS に関連する商品
  • CREARC、撮影機材特化のシェアリングアプリ「Totte」をリリース(9月19日)
  • コクヨ、揺れるオフィスチェアー「ing」の無料レンタル開始(9月13日)
  • アダストリアが子ども服のシェアリングプラットフォーム「KIDSROBE」をリリース(9月6日)
  • スマホレンタルサービス「handy」がビッグデータ事業の「Agoop」と連携し、観光データプラットフォームの構築へ(8月30日)
  • 仙台一番町に「リージャスクラックス仙台ビジネスセンター」12月に開設(8月22日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着ニュース30件